シンプレクサス工房・ギャラリー設立までの歩み

志田 寿人(●)代表とのインタビュー          インタビューアー:中村 織絵(●)学芸員
             ■ Part 3 組織形態・事業・施設

 インタビューの最後は工房の団体としての性格をどのように考えているのか,また具体
    的な事業・施設・運営などをどのような構想で実行に移されているのかをお聞きしたいと
    思います.この工房は完全独立の私立施設ということですが,その事業目的全体の
    性格は明らかに非営利で,それならなぜNPOのような非営利法人組織にしないのかと
    いうところから説明をお願いします.
●:  ご存知のようにNPOには法人格でない任意団体NPOとNPO法人とがあります.我々の
    工房も,団体というには現状はかなりお粗末ですがこの任意団体NPOに入ると取って
    もらって結構です.この団体の構成員の数,規模が活動や事業の社会的性格で決定的
    という風に受け取る方が多いのですが,必ずしもそうではありません.社会正義の実現
    や人々の幸福のために身代をなげうった義人・英雄が多数いると言うだけではなく,全く
    個人の美意識や好奇心を満たすための活動のように受け取られがちな芸術家や科学
    者の活動が,後に社会的に巨大な影響力を及ぼすこと等ありふれた事実ですよね.逆
    に国家組織を動員してのおおげさな大儀に基づく戦争が,実は個人的怨恨につき動か
    された私闘の要素大という皮肉もトロイ戦争だけでは無いかもしれません.まあ,こう
    いった不愉快な話題は置くとしても,最初のインタビューで触れたようにその目指す
    事業・使命の位置づけを明らかにする,そしてそれが意義あるものだとしたら個人
    レベルでも2,3の有志レベルでもスタートするという方向が僕自身は好きですね.
●: でも,ボランテア活動でよく見られるように,明らかに団体としては構成員の達成感以上
    のものをめざした事業なのに,参加している個人はいろいろで自己満足が得られれば
    いいという場合もありますよね.やはりある程度の規模の団体でないと,こうした個人の
    ゆれのようなものに影響されてしまう恐れはないんですか. 
●: いや,それは逆じゃあないかな.規模が大きくなると趣旨とはずれたところでいろいろな
    人が運動に参加してくるのは避けられないでしょう.組織としての停滞や崩壊を避ける
    ため,安全装置の様なものも沢山つくらなくてはいけなくなる.こうした規則というのは
    独創性や創造性にとってはプラスには働かないのです.学問やアート以外の,大なり
    小なり権力的なものがからむような団体ではもちろんこんなのんびりした考えでは
    相手をたたきのめしたり打ち負かしたりできませんから,運営規則というものの比重は
    比較にはならないほど大きいはずです.      
●: ということは団体の規模はあまり大きくしない・・
●: まあ,正直言って現状では財政的な余裕がまったくありませんから,どこに重点を置くか
    などという贅沢な状況では無いのです.工房の役割として自分自身が空っぽでは誰も
    関心を寄せませんからまず新しい作品に挑戦したり探求したりする,これを最優先する
    という意味で団体としての規模にこだわらないことを強調したわけです.しかしアート
    作品の製作はなんとかなるにしても,研究するには基本的な機器や薬品,情報が必要
    になるし,ギャラリー運営も含めて光熱水料金も冬季や盛夏には相当の額になります.
    会計,庶務,施設を担当する職員の人件費など夢の夢ですが,とにかく運営のための
    財政基盤や人的リソースが一切無いというのでは早晩運営が行詰ることは眼に見えて
    います.運営を軌道に乗せるためにはどうしても利益を得ることのできる事業計画が
    必要不可欠ですが,一般にはこれが誤解されて流布しているところがある.NPOって
    お金と無縁の活動で,無料奉仕をするところに意味があるみたいな. 
●: 営利を目的としないということですよね.
: 確かに営利を目的にはしないのですが,収益活動なしには運営は自己啓発レベルで
    終わるおそれが有ります.むしろ収益活動をするしないというよりは,会社との違いは
    活動によって得た余剰利益を社員や株主に配分しない,団体の運営に使うというの
    がNPOの特徴だと言っていいでしょう.NPOの財政基盤をどう確立するかは多くの
    NPOにとって死活問題と思うのですが,シンプレクサスの場合は特に,こうした収益
    事業に作品製作や探求スタッフが沢山のエネルギーを割くわけには行かないことは
    もう説明する必要はないと思います.ではどうしたらいいのか.
●: 話を聴いているだけで憂鬱になってきました.いっそNPO法人にしたらもう少し見通し
    が出てくるのと違いますか..社会的信用が増して寄付を受けやすくなるとか.
●:  国や自治体,潤沢な資金を有する大企業などがこういった評価の定まっていない
    ような団体に資金援助をするとは思えませんね.それに補助金をあてにしていたの
    では何も始まりません.NPO法人にすることも選択肢としてもちろん考えましたが,
    法人にしたら したでいろいろな義務が伴います.毎年,内部だけでなく外部に対して
    も事業報告や決算報告を年度方針との関連でまとめ,これを公開しなくてはいけま
    せん.また法人の財産についても,解散時の残余財産の処分も視野に入れためん
    どうな考慮が必要になります.何度も強調するようですが,運営基盤が極めて貧弱
    な現状でこういった事務仕事を増やすことは,工房の本来の仕事”アートと生命
    システムの探求”にとって何のメリットも無いと断言できます.  
●:  それは分かるのですが,ではどうしたらいいのでしょう.管理運営の仕事を出来る
    だけ小さくして,それで収益が得られるならという事ですよね.
●:  ちょっと前だったら,僕もこんな無謀なことは計画しなかった,というよりは計画出来
    なかったと思いますが今は努力次第で突破できる道が有ります.それはウェブという
    強力で超安価なコミュニケーション手段を使えるということです.早い話,このホーム
    ページを考えて見て下さい.ローカルな限界を全く考慮しないで,全国に向けて瞬時
    に自分達の主張,情報を発信できます.現在英語ページを準備中ですが,これが
    完了すれば全世界に向けても双方向のコミュニケーションが可能になります.もし
    これを通常の出版ベースで行おうとしたなら,予算規模は数百万円でも足らない
    でしょうし,また情報の浸透や広がり,早さも比較にならないほど不完全なものに
    なるでしょう.もちろん自らの力量でウェブプロデュースの仕事を行うことが条件で
    すが,その事に関して工房には何らの障害も見当たりません.このウェブという手段
    と工房の製作,創造能力を組み合わせれば,新しい販売経路を開発出来るはずで
    す..
●: ネットショップを活用するということは分かりました.具体的にはどのような商品を扱う
    のですか.
●: 当面工房で製作するアート小品を準備する予定ですが,将来的にはアートだけでなく
   生命システムに関するわかりやすいビジュアルなDVD作品なども製作できたらと思って
   いるのですが,スクリプトはともかく撮影機器も貧弱な段階では先のことになるかもしれ
   ません.これらの作品を公に発信することは,単なる一般的収益事業を越えた意味を
   持つことになるので,小品でも手を抜かないで製作するつもりです.
●: 工房の特徴とかが作品に出るということだと思うのですが,そうなると一般受けする
   ものでは無いので買う人がどうなるのかちょっと気になります.すごく有名な人の作品
   とかだったら,車と同じでリセールバリューが高いので小品程度だったら無理しても,
   と思うかもたらしれませんが.
●: まあ,そういう買い方をする人が多いのは事実だし,多くの人が損をしない買物とい
   うことで,作品の価値を投資対象として値踏みするのがアートの正しい買方のように
   思っていることも充分承知しています.でも同時代に新たに生み出された作品を評価
   するのは自分なんですよね.それを好きだ,価値有ると思う自分の価値観を信じる
   ということは,そういう自分が好きだ,価値有ると思うのと同じと思うのです.他人が
   決めるわけではない.だから惹かれるものが無いなら買わなければ良い.嫌いなら
   そばに置かなければすむことです.この先その作家の評価がどうなろうと,その作品
   と寄り添って生きるということは一種の喜びだと思います.作品を手近に置いて毎日
   それを目にするということは,本当はすごく怖いことかもしれない.別にこれはアート
   作品に限ったことでは無いのですが,何かと本気で係わることはそれと出会う前の
   自分とは違う自分になる,後戻り出来ない自分になるということで,表面を通り過ぎ
   て行く買物とは同列に観れないと思うのです.ただ一般的に言うとアート作品の
   価格は意味不明ですよね.僕の作品の価格も,ニューヨーク・クリスティーズの
   評価では1991年段階で1$=¥110として号約3万2千円程度の評価がつぃて
   います.価格を決める時にはこれを一応参考にはしていますが,これが何を意味
   するのかについては実は僕にも良く分からないのです.ましてや分厚い年鑑や名簿
   の類に載っている作家ごとの号単価など,多くがサザビースやクリスティーズの
   オークション評価の洗礼すら受けているとは思えないし,勝手にしてくれという感じ
   かな.こういう虚構のデータを片手に投資対象を漁る方は,僕のような完全に無名
   な作品など見向きもしないでしょうから,別世界のこととして受け取っていればいい
   のかもしれません.少なくとも工房の販売活動は営利を目的とするビジネスでは
   ありませんから,作品が好きだ,惹かれると思われる方は余裕に応じて購入による
   エールを送っていただけたらと思います.   
●: 何か少し怒っているのとちがいますか(笑い).
●: アハハハ・・.そんなことは無いですよ.でも,少しは有るかな(爆笑).運営費の
   調達もままならないし,サポーターも思うように増えないのでいらいらしてたりして.
●: 応援しますからがんばって下さい.
●: ありがとうございます.そういう言葉ってうれしいですね.サポーターの話が出たの
   で少し説明させて下さい.思うように増えないと言いましたが,サポーターの会費を
   当てにしているわけでは無いのです.ちょっと計算してもらうと分かるのですが,
   100人規模でないと運営費に影響するような額には成りません.サポーターの会,
   クラブ・シムですが,この会の会員は僕等にとって精神的な支えという意味と,企画
   の実際上のネットワークという意味があると思うのです.セミナーや企画展1つ行う
   にしても一般的に呼びかけたのでは雲をつかむような話で,クラブ・シムの意見を
   取り入れながら計画を実行に移すつもりです.楽しい会誌のようなものも発行した
   り,交流のオフ会,Xmas会や新年会とか持てたら素敵ですよね.早くそういう規模に
   会員が増えればいいのですが. 
●: そういうことも考えていたなんて少し意外.ずっと硬い話で終りそうだったのでちょっ
   ぴり心配でした.楽しい話題に成ったところでそろそろ終りにしたいと思います.3回
   のインタビューで工房のことがなんとなく分かってきた方も多いのではないかと思って
   います.不慣れなインタビュアーでしたがいろいろありがとうございます.
●: こちらこそ難しい話題と格闘していただき感謝しております.ネットで関心を持たれた
   方は,今後もHPへの訪問をぜひともお願い致します.またご意見など遠慮なくメール
   頂けたらと思います.ありがとうございました.