シンプレクサス工房・ギャラリー設立までの歩み

 志田 寿人(●)代表とのインタビュー       インタビューアー:中村 織絵(●)学芸員

 それでは次にアートについての構想に移りたいと思います.アートと言っても作品を拝見
    するとおそらく現代アートを考えているのかなと思うのですが,私がちょっと驚くのは生命
    システムの探求,これって生物学の研究ですよね,この研究と現代アートを実際に製作
    することの両方を行おうとしていることなんですね.しかも現代アートと言うのがコンピュ
    ータ・グラフィクスとか科学となじみやすいものでは無く,逆に科学には"翻訳不可能”と
    か書いていて,これってどう考えたらいいのか,すごくその通りかなとも思える時もある
    けどそうかなと思える時もあるし,その辺から説明をお願いします.
●:  僕もあまり他の人の主張を調べたことは無いのですが,アートと科学を並べるとどうし
    てもテクノロジーや科学が獲得した最新のツールやイメージとアートとの関連を反映し
    たものに成る.これはこれですごく面白い分野だとは思うのですが,アート全体の性格
    は少しずれた処にあるような気がするのです.無味乾燥に言うと, アートとは身体,
    道具,機械を使って表現する何かと言って良いと思うのですが,手段と表現の組み合
    わせは数え切れないほど有って,現代アートではこれがひしめき合って自己主張して
    いる状況ですよね.技術とか科学のイノベーションが終りの無い成長の中で,圧倒的
    な成果を文字通り現実イメージとして人々に見せつければ,この影響下のアート表現
    が登場するのは当然だし,逆に振り子がゆれるようにこれを修正しようとする動きも
    登場して来ます.多様化の代表ともみなせる既存絵画の定義に収まりきれ無いアート
    の形式も,決して現代アートが先頭を切ったわけではなく,表現としてのイベントや
    パフォーマンス等大昔から存在していたことを考えると,これがオーディオ・ビジュアル
    な環境を得て爆発することは不思議なことでは無いかもしれません.しかし,この
    多様化,これは別の表現をすれば豊かさとも言えると思うのですが,現代アートは
    本当に多様化したのかどうか,豊かになったと言えるのかどうか.アート全体が時代
    を反映して動いていることは否定できない事実だし,特に産業や商業活動に結び
    ついた分野,例えばデザイン,建築,オーディオ・ビジュアルな作品等のことですが,
    そういう分野の先頭を走る作品は後戻り出来ないような平衡状態,高い到達点を
    クリアし続けているようにも見えるのですが,何か人間のコアの部分に絡むような
    表現ではどうなんでしょうか.         
●: その”人間のコアの部分に絡む”表現というのが何かキーワードに成りそうですね.
    見た瞬間,”何これ”みたいなよく分からないものも含めて,とにかく目立ちたいのかな
    というのは伝わってくるけど,いろいろ出てくる割に何かしっくりこないというか,素通り
    してしまうみたいな.  
●: ええ,ちょっと僕がいきなり広い話に持っていってしまったのでフォーカスを合わせづらい
    のですが,そこなんですよね.商業宣伝に関してはいろいろな洗練された説得の技術が
    これでもかこれでもかと工夫されて行く,そこにはアートの細かい区分けなどどうでも良
    いんですよね.使える映像は何でも使うし,多くの人々が関心を寄せるエピソードや時代
    の雰囲気と商品とを結びつけようとする.それに対して純粋と称する現代絵画はそういう
    貪欲さは全く有りません.はっきりした形では表現していないと思うのですが,それに
    はっきりと表現することなどそもそも無いということもあるので決め付けに慎重でなくては
    いけないにしても,個人の日常の感覚と言うのが源に有って,その他のものが見えない
    場合が多いように感じます.今の生活場面の具体的断片がモチーフとして登場すると
    いうことでは必ずしも無いのですが,その人の関心を寄せる先に個人を越えるものは
    想定されていないと言ったら良いんでしょうか.でも,それらはたかだかここ100年ぐらい
    の歴史の流れから生じて来た現象であって,もっともっと歴史をさかのぼるとどうなの
    か,アートの源流はそういうものとして人類の歴史の中に誕生して来たのか考えたく
    なります.
●: え〜,もっと広い話になったじゃないですか(笑い).人類アートの源流みたいな証明が
    難しい話ではなく,私でも議論に参加できそうなアート論って無いんですか.例えば
    ”かわいい”の比較文化論とか(爆笑).
●: かわいいで思い出しましたよ.すごく魅力的な視点でずっと気になっていたのですが,
   幼い子供が最初に表現手段を手にした時を考えてみましょう.幼児は自分自身の手の
    動きを思うようにコントロール出来ないことも有って,描くものは定形の形には成って
    いません.しかし,その子の頭の中にあらかじめ描こうとする形がイメージされていて,
    その形に何とか近付こうとして試行錯誤を繰り返しているのでしょうか.それは違うと
    思うんですね.幼児は手の動きによって作り出されるものに驚いているのです.惹きつけ
    られ,魅了されている.その形を何かに似せようとしているのではない,何かを
    スケッチしようとしているのでもない
つまりスケッチしようとする客観的な何かを前に
    対象と向き合うのではなく,ただひたすら手の動きに集中しているのです.これは
    ものすごく驚くべきことではないでしょうか.最初のアートの源流はスケッチではなく
    描くという行為から編み出される表現の驚き,魅惑から始まったとしたら・・・・.
●: 今まで想像もしたことが無いような視点を感じます.どうしてもアートの流れの中でしか考え
    なかったのですが,人類がアートを手にした瞬間の魅力はそこに有るのかもしれませんね.
: ところが幼児の場合直ぐに周りからの強制が始まりますよね.これは何を描いたの?
    口はどこかな,お眼めは円だよね,とかいつのまにか大人の価値観やスケッチのルール
    が優先して行きます.でも子供達は一度経験した描く行為の楽しさをそんなには簡単に
    手放しません.それに子供達の自由にコントロール出来ない手指の動きは,対象に縛られ
    て描くことからの自由さと言う面ではむしろ有利に働きます.大人達の指導が有ったと
    しても,子供達の描くこととの幸福な出会いはしばらく続くことになります.しかし,ある
    時期に成ると,アートの源流が枯れてしまうわけでは無いのですが背後に退き,それに
    変わって前面に描きつくそうという欲望が登場せざるを得なくなります.ここからは子供達
    の発達の話ではなく,アートの通常の流れと合流するので理解しやすいですね.もちろん
    その能力も無い僕が絵画の歴史をふりかえることなど狂気沙汰ですから,自分の勝手な
    判断で一番重要と思うところをだけを採り上げさして下さい.さっきの話に戻りますと世界
    の合理的理解が科学の目標であるとすれば,この客観世界の合理的描写,表現が社会的
    に認められた社会ではそれを製作する者にも鑑賞する者にも強烈な満足感を与えることに
    なります.両方とも自然や社会の非条理,不合理と闘う一種の力として機能しますから,
    社会的なリソースとして重宝がられることになる.ところで,アートがこのような感覚の
    動員,社会的な美意識の統合のような機能を持てば何が起こるかといると,支配のルール
    がそれを見逃さないというか,積極的にとりこもうとすることが必ず起こってきます.一方で
    はさきほど言いましたが表現する者に対しても,この”描きつくす”という願望は時に強烈な
    支配力を振るい,肉体的精神的限界を無視するかのような人間技を超えたあくなき精進を
    強制しますから,凡人がとうてい到達できない神業に達した天才はそれと引き換えに熱狂
    的孤立を生きるといったこともしばしば起きるのです.しかしここまでは古典主義からロマン
    主義あたりまでの話で,近代絵画はこの絵画の客観的描写力と密接に結びついていた
    物語性を排除し始めます.そしてついに近代の絵画はそれまでの最大権威であった宗教
    からの独立を成し遂げるのですが,現代絵画はこの権威からの独立を徹底し,基本的に
    はいっさいの政治的プロパガンダやストーリー性の拘束からも離脱しました.なぜこのよう
    な一大転換が出来たのでしょうか.あれこれあると思うのですが,現代絵画がその内容の
    変革と並行して,それと不可分の関係で表現の変革も徹底しことが挙げられます.ター
    ゲットは古典的な写実だけではありません.現実世界との繋がりを客観世界の即物的
    イメージで表現することは完璧に目標で無くなりました.これは西欧文化の流れの中では
    真に驚くべき転換であり,今なおその余震は続いているように思います.
●:  またもやマクロな歴史の話で,表現することに魅せられた幼児の描くという行為から,
    アートの源流が見えて来るのではないかという考えと,近代から始るアートの激変
    と言うのがどんなところで関係があるのか,どうもはっきりしないのですが.
●:  わかりづらい処なのでちょっとがまんをお願いしたいのですが,話は一気に現代アート
    に入ると,アートのこの権威からの独立というのは当然引き継いでいかなくてはいけない
    ものすごく大切な遺産だと思います.後戻りしてはいけないし,また後戻りしようとしても
    出来ない理由がある.なぜなら,アートが他から強制されたのではない,沢山の芸術家の
    自己変革の努力の積み重ねで始めて獲得した確信ですから.しかしもっと深い理由は
    アートの表現そのものの転換にある.僕が一番最初に触れたように,アートのテリトリーの
    拡大ということは実はそれほど分かりにくい話しではないんですね.それをアートと思いたく
    なければ思わなければ良い.そういったアートの越境行為はこれからも続々登場すること
    は避けられないし,また一種の流行のようなものとして広がりを見せるかもしれません.
    しかし,最も原始的な行為として始った形や色による表現が客観世界を離れたという変革
    は,それとは比較にならないほど理解を超えた困難が潜んでいるように思えます.つまり,
    人間の独自の情報処理の様式がその根元からゆらいでしまうような,またそれと密着した
    新たな価値観が必要になるような変革と言ったら良いでしょうか.具体的な例を出して
    見ましょう.バスキア,彼は80年代初期,ニューヨークのダウンタウンを舞台に彗星のよう
    に登場し夭折した芸術家ですが,その彼が主演した”ダウンタウン81”という珍しい映画が
    残っています.バスキアをアイドルのようにみなしてアートとしての役割を軽く見る人
    もいるのですが,その向きにはこの映画をぜひ見ていただきたいと思います.というのは
    この中でバスキアがペンを使ってドロ−イングを試みる場面があるからです.バスキアの
    ペンの動きは滑らかさはもとより,修練を感じさせる一切がありません.それどころか意図
    的に修練の痕跡を消そうとしているかのような非定形の動きに終始します.現代アートの
    父であり母であるかのように言われているピカソの陶製皿の製作場面の映画でも鳩の
    ドロ−イング場面があるのですが,こちらは明らかに滑らかな淀みない線でピカソと
    現代アートとの距離がどれほどなのかもはや明らかです.表現の自由度を増すために
    始った描写へのあくなき追求は,それが神業とも言える頂点に達した時突然雪崩のように
    何事かを描くことからの自由という方向に崩壊しました.現代アートの誕生です.これって,
    もしかしてアートの源流ではないかと驚いたあの幼児の筆の動きとものすごく似ている
    と思いませんか.現代アートは何千年の歴史をへだててようやくアートの源流を再発見した
    としたら,この仮設の意味があまりに大きいので僕自身まちがいで有ってくれと思いたく
    なるほどですが.
●:  驚きました.どう言っていいのか,うまく言葉がみつからないというのか.
●:  でも,まだ話しを終らせるわけには行きませんね.
    僕等は幼児よりはちょっぴり知恵がつき過ぎていて,むきだしの身体が自然の中に放り
    出されていないことを知っています.ペンでも筆でも何でも好いのですが,それが触れ合う
    瞬間の絵具の制御が描くことの総てではもちろん無いし,絵具も含めていろいろな物が
    自分自身で展開していく面白さの探求はまだ始ったばかりではないでしょうか.
    物自身の展開といいましたが,描く行為の主体から見れば支配と受容がめまぐるしく入れ
    替わる連続が描く行為であり,偶然を完璧にコントロールしたと思い込む傲慢こそ問われ
    なくてはいけない時だと思うのです.
    早い話,僕等は水の上に何かを描くことは出来ない制約の中を生きざるを得ない.
    しかし,自然は水に無限の表情を与えます.水面を揺らす風,映し出された木立,季節の
    中で次々と色彩を,形を変え変化というものに制限がありません.荒れ狂う海,激流,突然
    の夕立,見渡す限りの風景をおおいつくす巨大な映像を前に人間の表現の卑小さを
    感じない人がいるのでしょうか.それでもなお描く行為を手放せない,それに魅了される
    我々が居るのには何か特別の理由があるはずです.
    
    この先,僕には全く自信が無いのですが,だから予感めいたものとして受け取って
    もらいたいのですが,我々と物との共同作業が描く行為だとすると,もしかして我々は
    自分自身が自然の一部分となることを楽しんでいるということは無いんでしょうか.

    いや,もっと重苦しく言うと我々は表現の背後にある大いなるものを実感したい,
        それと一体化することにより自然の新たな一部分となりたい,
            人間を除く自然自身が決して創り出す事ができなかった新しいユニークな
                 創造物になりたいと思っているのと違うでしょうか.
●: う〜ん,どうなんだろう.でも逆転また逆転ですね.現代アートは物語性を無くした,それなの
   にもっと大きな物語性,”背後にある大いなるもの”ですから.
●: 確かに言われて見ればそうですね.宗教とか権力とか権威に結びついた物語ではなく,
   人間の運命に結びついた物語性,しかもそれは具体的な擬人的場面を表現するのでは
   なく物との共同作業で登場する物語性と考えると,ぞくぞくしますね.
●: どうなるかと思ったのですが,かなり元気が出てくるようなインタビューに成った気がします.
   工房では現代アートをいろいろな角度から考えるだけでなく,具体的な製作で豊かにしたい
   とホ−ムページに書いてありました.面白い作品が登場することを期待して終りにしたいと
   思います.本日はありがとうございました.次回はインタビューの最終回で,工房建築や
   組織構想についての話題になります.