生命システムに関係のあるもの
バックミンスター・フラー協会 http://www.bfi.org/
フラーの思想,業績,影響が過去形ではないことが理解できます.例えば60個の炭素から構成されているC60フラーレン(Fullerene)の名称はフラーの建造物との類似性に由来します.

ツールキット遺伝  http://en.wikipedia.org/wiki/Evolutionary_developmental_biology
ツールキット遺伝子が発生生物学の流れの中で簡潔に解説されています.より詳細な内容に興味がある方は,日本語訳が用意されているFrom DNA toDiversity,S.B.Carroll et al, Blackwekk Publishing, Oxford(和文タイトル:形づくりと進化の不思議,,羊土社)が参考になります..

複雑系 http://www.santafe.edu
複雑系の旗手であるカウフマンの先鋭的な問題提起と縦横無尽な論理の展開がどれほど大きな衝撃を科学界に与えたかを解説する必要はないでしょう.その集大成とも言える大著Investigations, Kauffman, S.A. (和文タイトル:カウフマン,生命と宇宙を語る―複雑系からみた進化の仕組み,日本経済新聞社)は生命に関する壮大な物語を予感させものでした.しかし,ポストゲノムの洗礼を受けた大多数の分子生物学者にとっては,サンタフェ研の特徴と限界ともいわれるコンピュータ・シミュレ―ション的手法が物足りなかっただけでなく複雑系という分野の存在意義にも疑問を呈しています.生命システムにこだわる我々にとっても複雑系の影響大であったことをもちろん否定するものではありませんが,ここでは生命システムへの実験的アプローチは未定としておきます.
.
システムバイオロジー
http://www.csl.sony.co.jp/frl_j.html 
システムバイオロジーという新たな学問分野の提唱者である北野宏明氏は,生命機能のロバストネスに注目しつつそれと一見矛盾するような進化も視野に入れてSony CSLのFRL研究所で生命システムの新たな展開をすすめています.氏があえて複雑系の用語を前面に出さなかったことには何か深遠な意味があるのかもしれません.

アート部門と関係あるもの
越境しクロスオーバーする現代アートへの批判的評価 http://hikosaka.blog.so-net.ne.jp/
自己愛に基づいた感覚の気ままな暴走という現代アートの一大傾向に強い危機感を持つ彦坂尚嘉氏が到達したのは言語判定法と言う独自の方法でした.《超1流》から《41流》の42段階をラカン理論による《想像界》《象徴界》《現実界》3界に適用するこの評価法は,一切の権威による独断を切り裂いて行きます.この言語を対象になげかけその木霊を聞き取るという方法に批判的な諸氏といえども,彦坂氏の作品への真摯なまなざしに改めて作品と向き合わざるをえないでしょう.
気体分子ギャラリーは彦坂尚嘉氏が主催する
新しい発想のギャラリーです.氏と共に歩む
数名の作家による創作活動はここから窺うこと
ができます.
http://hiko.hiho.jp/


Copyright © 2006 Symplexus Lab All Rights Reserved