前作まではまだ多少描くという意識が残っていましたが,このころからは,はっきりと製作するという方向にシフトしました.テープや木綿糸が画面を縦横に横断し,あたかも都市の生成のような光景が広がっています.偶然性がいたるところで顔を出し,同じイメージを再現することは不可能になりました.コピーができない世界の出現です.


     DIVISION
      
       
50P
         1991
         Mixed
     Salon D'Automne
  Grand Palais de Champs-Elysees, Paris